tubomichanのスピリチュアルライフ成長記録

目立たぬように…ひっそりスピリチュアルを日常に取り入れて、40代独身フリーターが人生激変を目指す成長記

優しさに溢れた幸せな人生

『もし、幸せになりたければ…

今、この瞬間も幸せでなければならない。

今、自分の周りにある幸せに気付けなければ、この先今より幸せになれない。』

 

と言うような言葉は度々目にする。

その言葉を読む、聞く度に

『そうだなぁ〜。今日も元気。家族が居て、仕事があって、家もある。平和だ』

と自分の当たり前にあると思っている日常に感謝はしてきたつもりだった。

 

私の父はもう何年も闘病生活だ。

ゆっくりゆっくりと自由が少しずつ奪われていった。

最初は些細な事で、病気とわからず私は度々注意し、怒り、周りからの目を気にし、父を恥ずかしいと思ってしまった。病気とわかっても何度も何度も起こるトラブルに苛々したり、落ち込んだり、悩んだり、疎ましく思ったりした。

同時に1年、1ヶ月、1週間先にまた父が不自由になる事が増えるのではないかと日々不安に思った。

不安そうで、謝ってばかりな父にどんどん申し訳なくなり、自分を恥じ、どうする事が父の為になるのかいつも考えた。

とにかく、父が痛い思いや、不安な思い、苦しむ事が無くなり穏やかな毎日が送れるように毎日毎日神社に行ってお願いした。

闘病生活が10年を超え、色々な病気が重なり今はとても痩せ、目を開けてくれている姿が見れたらホッとする。

父と話せる時に恥ずかしくて、感謝の言葉を伝えたり、父の喜ぶような人生を歩んでいない事を謝ったりできなかった。

後悔している。

心から。

 

月1回しか姿が見れない病院で、痩せ細った姿を見ただけで、ただ涙がポロポロ出てしまう。

状況は良くなる事はなく、何もできない自分に腹が立ち、父が望む事を考え、家族でこの先の治療も選択しないといけない。

家族として真剣に考えないといけないが、本音は逃げたい。父がこの世から居なくなるのも嫌。父がこれ以上苦しむのも嫌。

 

私は長い事一人暮らしを心から楽しんでいるが、小さい頃は一人になるのが本当に怖かった。

もし…両親が死んでしまったら…一人になったらどうしよう…。

大人になり親が老い、亡くなる事は誰にもいつか訪れる事だと頭でわかっていた。だが、現実に起こったら…生まれてからずっと自分の事を無償の愛で包んでくれた人がいなくなるかもしれないと思うと、あの頃の恐怖に襲われる。

そして、自分がどれだけ幸せな人生を送れてきたか実感する。

 

よく、失って初めて大切な人や物に気付く

と言うが、失うという悲しい体験する事で自分の今ある状況がどれほど豊かで恵まれたものかを身体に深く刻まれるのだと思う。

人は弱く脆い。

それなのに大事な人の為に無償の愛を注ぐ事ができる。信じてくれる人がいるという優しい今この瞬間ほど幸せな事はないと思った。

 

f:id:tubomichan:20210930225848j:image

怒りスイッチとニュートラルへの持っていき方

自分を短気だと思う。

多分、自分は出来ない、失敗するかも、人に迷惑をかけるかも…と言う自分への自信の無さからだと思う。

失敗して迷惑かけないように先々考える。何でもきちんとしようと思う。

そして、他人が自分と同じように真面目に考えていない言動が垣間見えた際にイライラしてしまう事に気付いた。

気付くと勿論2パターンの答えが出る。

 

①私の怒りは間違えていない。そんなに不真面目な対応でもし、〇〇になったらどうするんだ!

→〇〇になったら自分で対処してくれれば良い。私は対処法を考えておく。貴女はその時考えるタイプなのかな?お任せします。

 

②私、だいぶ先まで考えていた。しかし、トラブルがあっても私が損したり得したりするような内容でもない。勝手にイライラして自分の枠に他人をはめようとして恥ずかしい。

 

自分と他人が同じでないことを再度心に刻もうと思う。

スピリチュアルな学びを始め、怒りスイッチが入った時に客観的に一歩引いて自分を見る事ができるようになってきた。

 

また、他人の怒りについても興味を持つようになってきた。

凄く優しくて、他人にこんな酷い事されても流せるなんて凄過ぎる!仏か天使か⁉︎

と思っていた人が、かなり意外な事で怒っていたりする。

また、いつも人のあら探しをし、悪口ばっかり言ってるなぁ、と言う人の怒りの内容を頭で箇条書きしてみると、とてつもなく小さな事を言っている事に気づく。

『趣味、他人のあら探し』ご苦労様です。

 

私は気にならないが、最近周りで怒っていたこと。

 

⚫︎男性に媚ている

(心の声)

→むしろ凄い!そんな面倒臭い作業をしているなんて尊敬する。その男性に好かれたとして何が得られるのか…?謎。どうぞ頑張って。

 

⚫︎私は嫌だが周りをフォローし頑張っているのに評価されない

(心の声)

→評価されたい人がいる事が幸せ。そんなに尊敬し、評価を得たい相手がいるなんて恵まれている。相手の自分に対する評価次第で自分の気分が変わる事が今、私には特にない。苦痛ならフォローをやめて、自分の存在をアピールしてみては?

 

と、心の中では同意できなかった。

 

反対に私がメラメラと怒りが吹き出すパターンの人物像は、

 

⚫︎A 気の強い人には媚びを売り、自分より弱い人には辛辣な言動をし上に立とうとする人

⚫︎B 人の迷惑を顧みず、自分の本能のままに発言する人

⚫︎C 自分の評価を上げる為に、他人を落とす人

⚫︎D 自分の言動に責任を持たず、言った事をすぐ忘れる、忘れたふりをする人

 

A〜Dパターンが何故こんなに私の怒りスイッチを入れるのか?

自分のなりたい人物像に1番かけ離れているからだと気づいた。

 

★A  相手によって態度を変えず、自分の意見を持って周りとの間に上下関係を作らない人

★B  自分の気持ちに素直になりつつ、他人を喜ばせる事に気を配れる人

★C  人の評価を気にしない。他人の良いところを見つけるのが上手い人

★D  自分の言動に責任を持ち、気持ちが変わったならきちんと説明できる人

↑↑↑

これが私が目指す、なりたい人物像だ。

 

怒りを和らげるには、怒りの内容の反対が自分が大好きで理想なんだと知った。気持ちがニュートラルになった。

f:id:tubomichan:20210812222329j:image

肯定的に考え、感謝するという事

毎日、オリンピックを楽しく観戦している

 

人生を賭けて挑んでいるスポーツ。国の代表として闘う姿を人生で一度この目で見たくて、チケットを申し込んだ。今までくじ運が良いとは言えず、むしろ嫌な係は必ずと言っていい程当たってしまっていた。そんな私がなんと4競技も当選したのだ。嬉しくてたまらず、初めて会った人との会話で困った時にはオリンピックの話をした。とても楽しみにしていたので、無観客試合となった時は悲しかった。

でも、何故か気持ちの切り替えは早くできた。スピリチュアルを意識していると言う事もある。だが、今までの経験で旅行など急な変更があれば絶対的に変更した方が良い事が多い。その方が楽しいと言うより、予定していた内容がトラブルに見舞われる事が多く変更して助かった事が多々あったからだ。

 

だから、『これでいいのだ!』精神で徹底的にTV観戦を楽しんでいる。

 

実直に頑張ってきた人、好きで好きでたまらない人、自分と徹底的に向き合ってきた人の行動はなんでこんなに観ているだけで心が熱くなるんだろう。

メダルの人だけでなく、オリンピックに来た全てのアスリートにこの短期間ワクワクさせてくれた事、感謝したい。

 

最近ネットで海外のオリンピック選手が、日本に対して感謝の気持ちを伝えている記事をよくみる。

そういう行為に、心がホワァっと温かくなる。

感謝するところにいつもアンテナを張っている姿勢に、アスリートの素晴らしさを再確認した。

日頃から自分と向き合い、人の事もよく見て自分にとってありがたい事に敏感になる。そう言う感謝すべきところに即座に反応できるところに尊敬するし、見習いたいと思う。

日本人には照れてしまう部分や、その裏をかいて過剰に感謝し過ぎて嫌味に取られてしまうのではないか…と色々考えてしまって直ぐに行動に移せない事が多い。

でも、それは誰も喜ばせる行為にはならないし、後々やっておけばよかったと後悔することもある。

『瞬時に感謝する事に気づき、お礼を言う。』

こういう事で人生で幸せをどんどん掴んでいくのだと思った。

f:id:tubomichan:20210801233644j:image

徹底的に楽しむと言うこと

オリンピックが始まり、毎日何かの競技を観戦している。

これまでの人生で、全く見た事のない競技に興味がある。たまたま先日、朝からみたスケートボードストリート。素人の私は、肉眼では全く技がわからない。

階段やスロープ、手すりをスケートボードで滑り45秒間自由に技を見せるランを2回 と 1回の技を競うベストトリックを5回。それぞれ1回ずつ得点がつけられ、グループ5人で順番に行う。

ランで思うように滑れなければ、気分が下がってしまうのか…それともベストトリックで巻き返す強い気持ちが持てるのか?

すぐにまた自分の順番がくるので、さっきの自分の出来栄えを意識して次の出方を考える。でも、失敗したらカウント0。気持ちを引きずらないか心配になる。

こんなに短時間で気持ちを切り替える競技。

周りの状況を見つつ、自分を信じる気持ちに切り替える、トライするところに心惹かれた。

 

最終的に男子は堀米選手、女子は西矢選手が金メダルで、スケートボードで日本人が優勝するなんて意外だった。

やはり、日本人らしく実直に自分と向き合いながら反省しながら今まで凄く頑張ってきたのだと思うし、とても素晴らしかった。

私が忘れられない選手が、男子はペルー、女子はフィリピンの選手だ。

この2人は日本人の選手達とはまた違い、とにかくスケートボードが楽しくて楽しくて仕方がないと雰囲気がひしひしと伝わってきた。

スケートボード大好き、オリンピックが楽しい、ランキング上位の選手の技を間近で見れるこの状況を徹底的に噛み締めている感じがして一気に心が掴まれた。

どんな状況も楽しめる人最強だと思った。

 

気持ちを短時間で切り替えコントロールする事、徹底的に楽しむ事。

若きアスリートから学んだ。

f:id:tubomichan:20210730225542j:image

タイミングの話

毎朝Spotifyでエイブラハムの会話を中心としたスピリチュアルな内容の会話を聞いている。

今日は引き寄せのタイミングについて。

自分が行動する事に躊躇する気持ちがあるならエネルギーがまだそこまで達していないサイン。無理に行動すべき時ではないとの内容だった。無理矢理行動しても希望する形にスムーズにはいかないとのこと。

 

今の生活を変えたい!

しかし何をしていいかわからないのに、行動しなければ変わらないと言う言葉が重たかった私には気持ちが軽くなる内容だった。

 

それを聞いた後、久々に朝から美容院に行った。

せっかく街中に出たので1時間ほどウィンドウショッピングを楽しみ、暑いのでそろそろ帰ろうと思ったら、ある広告が目に留まった。

大好きな国のフェアを近くのデパートでしているではないか。

早速行ってみた。

是非買って帰りたい目当てのお菓子は人気で長蛇の列だ。時間はあるので並んだ。全然進まない…自分の前にあまり行儀が良いとは言えない子連れがいて前ならイライラしていただろう。

でも、時間はある。ここぞとばかりに良い事に目を向けてみた。

⚫︎コロナ禍なのにフェアがやってた

⚫︎平日に来れたからこれでも人が少ない方だ

⚫︎たまたま寄ったお店で今日からフェアが始まってたのを知るなんて凄くツイテル

⚫︎こんなにクーラーの効いた店で待てるなんて最高だ

⚫︎誰かと一緒なら長時間並ぶのに付き合って貰いにくい。1人で来て良かった

そんな事を考えながら40分ほど並び、やっと購入できた。

 

足早に帰ろうと会場を出る寸前で4人グループとエスカレーター前でぶつかった。

たまたま目の合った人が、ちょっとした有名人で好きなTV番組のMCをされてる方だった。

びっくりした。

嬉しい、びっくりした顔をしたら…

『良かったら一緒に写真撮りましょうか?』

と言って貰えた。

サヨナラする時も笑顔でとても感じが良かった。

良い事に目を向けてたら…思いもよらない良い事が起こった。

あの列に、あのタイミングで並べたからだなーと帰りの電車で思っていた。

帰ってTVをつけたらオリンピックの野球の試合。大ピンチの8回表。負けてる上に更にピンチに追い込まれてた。

なんとか抑え込んだのちに、9回裏にサヨナラで勝った。

良い場面だけ見れた。

 

とにかく1日中、ずっとタイミングが良くて幸せを感じた良い日だった。

自分が動きたい事が無い時は、無理せず不安な気持ちが少しでも出たら、意図的でも良い事に目を向けようとしみじみ思った。

f:id:tubomichan:20210729000202j:image

自分を認める第一歩

先日、自分の中にある過去の傷と向き合った。

そこから、自分が必要とされていない、居場所が無い、期待した結果が出なかった時、落胆したくないという気持ちが自分の中にどっぷりある事に気づいた。

 

そこで、あるYouTubeから自分を肯定する術を知りトライしてみた。

①過去を再構築

出来事を文字で書く→そこから自分が得られたものを沢山書く

②他人より過去の自分と比較して褒める

 

結果が期待通りでなかったのに、そこから良い所を探すのは慣れていない為、結構時間がかかった。

更に最近知ったマーフィーの法則を意識して、自分が求めている事を言葉で言い続けてみている。

⚫︎喜ばれる

⚫︎必要とされる

⚫︎愛される

ただ、言い続けるだけで自分の人生で人に喜んで貰えたシーン、必要とされ求められたシーンを毎日思い出したら温かい気分になる。

まだ慣れていないので凄く意識しながらこの数日やっている。

まだ歯痒さがあるが、辛い過去を何度も思い出すよりずっと気分が良い。

 

ここ数日、テレビでオリンピック観戦を楽しんでいる。

世界レベルのスポーツを観ながら学べたことがある。

選手達の闘う姿、演技は勿論素晴らしい!

魅入ってしまう。

しかし、世界大戦の重圧の中失敗したりピンチに陥った際の解説の人の言葉も素晴らしい。

『でも、サーブで相手を崩せていましたね』

『でも、バックを信じて勝負に出ましたね』

『でも、このミスを活かして次に新しい技にトライできますね』

『でも、この舞台でここまで勝負するとは今後が楽しみですね』

即座に今の状況を肯定するボキャブラリーが豊富で感嘆する。

今、一番見習いたい技だ。

f:id:tubomichan:20210725205226j:image

 

過去の体験を癒す

スピリチュアル本によくある、『自分を認める』『自分を愛する』が私にはとても難しい。

今の状況から脱出したい私は、あるYouTubeで『インナーチャイルドを癒す』重要性を知った。

 

何故こんなに自分に自信がないのか?

死にたいとまで思っている訳ではないが、世の中の役に立っていない自分が生きていて良いのだろうか?

大事に育ててくれた親もいるのに、今の私は何者でもない。

とずっと思ってきた。

こんなに自分が好きになれない理由を探さないと前に進めない気がして、インナーチャイルドを癒すYouTubeを探して実践してみた。

 

過去…しかも小さな頃の自分と向き合うのは結構勇気がいった。

しかし、すっかり忘れていたが自分がとても傷ついた体験をすぐに思い出せた。

 

小学校4年生の時、町内別ドッチボール大会があった。参加者は6〜4年生と決まっていて、子供の多い私の町内は4年生の枠は2人分しかなかった。希望者は多かったが、早々に諦めた子が多かった。とても仲の良い幼馴染と放課後3ヶ月程練習に参加し、メキメキと実力を上げていたと思う。

大会の10日前にリーダーの6年生の子が参加者を発表した。

その時、ずっと一緒に練習した幼馴染は選ばれ、私は最後の最後に落ちた。

明日からの練習に要らないと間接的に言われたようで、とても悲しかった。何故か恥ずかしくて泣く事もできず、笑って過ごした。

努力しても報われず、必要とされていないのだなと心に深い傷を負った。

ただ、大会前日に子供の数が足りない町内の選手として出ないか?と言われ不本意だが参加した。(あの頃の自分は結構ガッツがあったのだな…と思う)

結局私は違うチームで出場し、自分の町内のチームと闘い勝った。そして準優勝と言う結果を出した。

更に2年後の6年生の時、自分の町内のリーダーとなり、優勝していた。

 

でも、4年生の時選ばれなかった経験がとても深い傷となり、何かする度

⚫︎努力して期待した結果が出なかった時の傷は負いたくない。

⚫︎私が人に選んで貰えるわけがない。

という考え方が染み付いてしまった事に気づいた。

この体験を思い出し、不覚にも泣いてしまった。選ばれなかった経験が傷つきすぎて、その後、自分の町内に勝った事や、6年生で優勝した事をすっかり忘れていたくらいだ。

 

本当に人は苦しい体験は、自己防衛の為に何度も何度も思い出す。

その癖を実感した。

 

過去に戻って傷ついた体験を思い出し、その考え方が今までずっと自分を苦しめている事はよくわかった。

40代になって、ドッチボール大会の経験をずっと引きずっていたなんて笑える話だが、とりあえず、インナーチャイルドを癒す体験をした事を忘れないように今日は書きとめたいと思った。

ここからどうのようにこの体験を癒し、自分の人生を軽やかに生きやすくしていくか…?

f:id:tubomichan:20210718222347j:image